スタディーコーナーのある空間

2020年2月9日

こんにちは。

リビングの向こう側にユーティリティースペースがあります。

この場所をスタディーコーナーとして利用することで、

キッチンにいながらお子様の様子を感じ取ることができます。

本来、住宅の分野においてのユーティリティとは家事室として

用いられることが多いと思いますが、ここでは「役に立つ」という

意味で用いています。

来客時には3枚の大きな引き戸を閉めてしまえば、応接間として

プライベート空間と分けて使うことも可能です。

応接間に来客を招き入れるということは、昔に比べるとその機会も

かなり少なくなっていることと、必要以上に大きなお家を建てないことから、

1室を応接間としてしまうよりも、状況に応じた利用方法を考える

方が良いと思います。

いつお客様が来られても良いように、整理整頓だけは子どもたちに

お願いしないといけませんが。少し頑張ってもらえばできることです(^^♪

 

和歌山・南大阪で新築やリフォーム、増改築をお考えの方は

自然派住宅の榎本林業までお問い合わせください!

 

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

TOPへ戻る