和歌山の木で建てる、ティンバーフレーム工法の家「紀の川市」

2019年12月24日

こんにちは。

今年の5月に棟上げを行わせて頂いた、紀の川市のティンバーフレーム工法

の家の外構工事も1次工事が完了し、今年の計画部分がついに完了しました!

大きな片流れ屋根が特徴的で、黒色の三州瓦で重厚感があります。

 

庭先にはプライバシに配慮した目隠しの塀が設置されました。

両面張りですが目透かしにしていることで、強風時でも風が抜け

目線も遮ることができる優れものです。

昨年の台風21号の時もこの手のフェンスはビクともしませんでした。

建物とフェンスが調和していますね。

スロープも優しい角度で付けさせていただきました。

目隠しフェンスの中には寝転んでくつろげる、ウッドデッキがあります。

冬の終わりを待ってお庭造りも進められていくでしょう。

およそ100Mに渡るフェンスも完成しました。

このフェンスには防腐剤が加圧注入されているため、普通の塗装に比べて

木がかなり長持ちします。

建物もフェンスもカッコイイ物ができ、

仕事をさせて頂いたお客様には感謝しかありません。

次回ブログでは、こだわりぬいた室内の仕上がりを

紹介させて頂きます。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

TOPへ戻る