和歌山の木で建てる2世帯住宅~長原の家~「紀の川市」

2019年7月20日

こんにちは。

降り続いた雨もようやくやみ、いよいよお待ちかねの梅雨明けでしょうか?

長原の現場では、外壁工事が仕上げの工程に入りました。

グレーの箇所は下地、上のほうの黄土色の部分が仕上げの色となります。

内部では職人さんが役物の加工取付を進めてくれています。

桧の枠材に溝付き加工をしているため現場は非常に良い香りがします。

このように箇所ごとに決められた寸法で溝加工を行い

取り付けていきます。

既製品を取り付けるのではなく時間のかかる作業ですが、

やはり無垢の良い雰囲気が出ています。

家具工事も同時進行で進んでいきます。

またレポートします。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

TOPへ戻る