1年を振り返って。

2021年12月30日

2021も残りわずかとなりました。

昨日で仕事納めとさせて頂きましたが、今年も様々な方々との出会いがあり、

たくさんの色々なお仕事をさせて頂きました!

経済はコロナウィルスの感染拡大の影響が続く中、春先には海外からの木材の供給が

滞る「ウッドショック」が発生しました。

柱などに関するお問合せを多方面から頂戴し、微力ながらできる範囲で協力させて頂いております。

また「半導体ショック」も発生し「物が無い」「価格が高騰」と建設業界を取り巻く環境は

大きな変化が起こる状態が、まだ来年も続くと予想されています。

 

気を抜けない状況が続く中ではございますが、自社のストロングポイントを生かして、

乗り越えて行けると思います。

 

今年は森林経営計画の1年目が無事に完了したことが大きな成果でした。

そして紀の川市の上野支店でも様々なご注文を頂けたことから、本社以外に

拠点を設置したことで、これから益々多方面からのご相談に対応していきたいと思います。

新築・リフォームともにコンスタントにご注文を頂けることは大変ありがたいことです。

 

来年は製材部の更なる活性化についてテコ入れをしていきたいと思いますが、

その具体的な方法はまだ思いついていません。これから皆で考え来年の課題としていきたいと思います。

 

そして来年はもう一つ新しいプロジェクトを進めるために、今年の10月ごろから

粛々と実行に向けて進んでおります。プラスになるかマイナスになるか今のところ

分からないですが、初めての挑戦に胸が高鳴っています。

 

「木」そして「住宅」に関する様々な仕事をさせて頂きておりますが、

今年いちばん感じたのは「健康の大切さ」でした。

色々なことを考え実行していくには「気力」と「忍耐力」と「体力」が必要です。

私が心と体のコンディションを整えられるように、

いつもそばで支えてくれる人に感謝したいと思います。

 

最後になりますが今年も一年ご愛顧下さいました皆様、難しい仕事も協力してくれた取引先の皆様、

社員の皆様、本当に一年間有難うございました!

また、来年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

TOPへ戻る