和歌山の木で建てるポスト&ビーム工法の家in和歌山市

2020年3月19日

おはようございます。

和歌山市のポスト&ビームの現場では基礎の配筋検査が行われました。

配筋検査とは鉄筋のサイズ(太さ)、配置の間隔、コンクリート側面や底面からの距離(かぶり厚)

、コーナーや開口部の補強筋が適切に配置されているかを確認する検査です。

コンクリートは圧縮(押しつぶす力)には強いですが、引っ張りやせん断の力には弱いので

その力に強い鉄筋が中に入っています。

人間でいうと筋肉と骨みたいなものです。

こうして頑丈な基礎は作られていきます!

 

またレポートします。

 

和歌山・南大阪で新築やリフォーム、増改築をお考えの方は

自然派住宅の榎本林業までお問い合わせください!

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

TOPへ戻る