紀州材で造る焼杉フェンス

2020年3月10日

おはようございます。

先日から当社工場では杉をバーナーであぶったものを磨く作業が行われていましたが、

その焼杉を使った製品が完成しました。

焼杉フェンスのサンプル品です。

このフェンスは材の大きさが1本1本違い、凹凸が高級感を出しています。

反対側の面は焼杉の板塀になっています。

杉の冬目が浮き出ていて正に日本の伝統工芸という感じがします。

杉は柔らかい素材ですが焼杉にすることで耐水性、耐久性が向上します。

表面にはオスモクリアを塗布させていただきました。

 

こちらは焼杉材を使った細かい縦格子のフェンスです。

京都の町中にありそうなイメージでデザインさせていただきました。

上品な感じがします。

紀州材を使用したフェンスのことなら榎本林業までお問い合わせください。

デザインから施工のご相談まで承っております。

 

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

TOPへ戻る