BELSの認定について。紀の川市上野の家「和歌山県」

2018年1月17日

こんにちは。

今日は一日雨模様です。久しぶりの雨ですねー。

気温もグーンと上り事務所は暖房がOFFになっています。

 

さて今日のタイトル BELS(ベルス)と読みます。

なんのこっちゃ?ややこしいですね。

 

Building-Housing

Energy-efficiency

Labeling

System

 

日本語版では 建築物省エネルギー性能表示制度 といいます。

建物ひとつひとつに対して設計の段階での、省エネルギー性能レベルを

表す制度になります。

義務化ではありませんが、もうすでにこの制度は始まっています。

紀の川市上野のお家では、榎本林業BELS第1号として認定を取得させて頂きました。

5段階評価で星マークを5つもらっています。

平成25年の基準から比べてエネルギーの消費量が59%削減されている結果となりました。

 

中身はと申しますとかなり細かい内容になってきます。

また、ZEHの認定を取得する際にもBELSが必要となります。

性能の高い家が手に入りますが、それに伴う建築費用のUPと、

それを一部補う補助金や、ランニングコスト、住宅ローンの金利優遇

など様々な観点から検討していくことになります。

またそれより先に、暮らしやすさ、楽しさ、デザインなども

考えていく中で、少しでもお得にお家を建てて頂けるように

お客様をサポートさせて頂きたいと思います。

いつでもご相談くださいませ。

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

TOPへ戻る