木の家の暖かさ。宿泊体験談!「和歌山県」

2016年1月21日

こんにちは。

火曜日のことです。夜7時頃に仕事を終えて帰ろうと

外に出ると雪が降り積もっていました(゚Д゚;)

一日事務所で図面を書いたりなどしていたので

気付きませんでした。

車を運転し始めたのですが、

ちょっと行ったところで

怖くなって事務所に戻り

実家に泊めてもらいました。

久々に自社の木の家で過ごしましたが、

外は氷点下にも関わらず、

お風呂を出た後でも素足で無垢の桧の床を

歩くことができます。

暖かいわけではないのですが、冷たくもない状態です。

壁断熱はロックウール75㎜、屋根と床はスタイロフォーム25㎜です。

私が今住んでいる旧打田町の借家は

築4年ぐらいで、断熱材にはセルローズファイバーを使用し、

窓ももちろんペアガラス仕様の

高気密の家です。

ですが最近のような寒い日では、床のフローリングは冷たく感じ、

部屋ごとの温度差も大きいように思います。

打田と鞆渕では寒さも鞆渕の方が寒いはずですが、

木がもつ断熱効果や保温効果を

雪で帰れなかったおかげで体験することができましたので、

体験談を皆様にお伝えしようとブログを書かせて頂きました。

モデル160120

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

TOPへ戻る